MENU

消費者金融と銀行はどこが違うの?

「手持ちのお金が足りなくなった」と言う時、キャッシングを利用すれば手軽にお金が借りられるので多くの人が利用しています。

 

このキャッシングの取り扱い業者には銀行系とノンバンク系の2種類があり、「お金を借りることを考えるとどちらでも同じじゃない?」と思われがちですが、両者には大きな違いがあるので、それぞれの特徴を理解した上で、自分にとって使いやすい方を選ぶ事がポイントです。

 

ノンバンクと銀行の大きく違うのは

貸金業法の改正以降、総量規制の完全施行によって、ノンバンクと呼ばれる消費者金融や信販会社は総量規制で融資限度額が制限されるようになりました。

 

改正後は「融資限度額は年収の3分の1以内」と制限されるようになり、具体的に言うと年収300万円の人は、融資限度額は100万円以上の融資は出来ない事になります。

 

一方、銀行は銀行法で事業を進めているので総量規制の対象になりません
そこで大きく違うのが「消費者金融は融資限度額に制限はあるが、銀行カードローンにはない」という事になります。

 

ですから、銀行カードローンは、審査に通れば年収に関係なく融資出来ます。
また、消費者金融や信販会社の借入は「年収が有る事」が前提になっています。

 

銀行カードローンも基本的に「安定した収入が有る事」ですが、専業主婦のように収入がなくても、配偶者に収入が有ればキャッシングが始められる商品もあります。

 

金利で選ぶかスピード融資で選ぶか

ノンバンクの大手消費者金融は、スピード融資に対応しているので「すぐにお金を借りたい」と言う場合でも早ければ、申込をしたその日にお金が借りられます。消費者金融は銀行に比べて審査が緩く、スピード審査が可能なので即日融資でお金を借りることが出来ます。

 

銀行カードローンのメリットはなんと言っても「金利が低い」事で、「金利を抑えてお金を借りたい」と思う時は銀行カードローンがおススメです。

 

銀行カードローンの中には年利1,99%〜7,99%といった超低金利のカードローンもあれば、4,5%〜18,0%と、消費者金融並みのカードローンもあるので、そのスペックを調べてから申込むのが重要です。

 

ただ、やはり低金利になるほど審査が厳しくなるので、誰でも貸してもらえるというものでもなく、それなりのステータスも必要です。