MENU

専業主婦のキャッシングは厳しい?

2010年の貸金業法の改正がおこなわれ、それまで主婦の利用が一番多いとされていたキャッシングは、大きく制限を受けるようになり、消費者金融のキャッシングと銀行カードローンでは融資条件に大きな違いが出るようになりました。

 

主婦がキャッシングを始めるための条件

ある調査では、キャッシングの利用目的は「生活費の補填」が一番多くなっています。
長引く不況が続いたため、賃金カットや、昇給がなく、不足気味の生活費を一時的に借りたいという主婦が増えています。

 

キャッシングは消費者金融や信販会社、銀行カードローンで申込が可能ですが、総量規制の完全施行により、消費者金融や信販会社でキャッシングする時は、収入がなければ原則申込できなくなりました。

 

ですから、無収入の専業主婦が申込むのは難しくなりましたが、パートやアルバイトなどで収入のある兼業主婦は、これまで通りのキャッシングが出来ます。

 

配偶者貸付は例外

ただし、総量規制には「例外」があります。
「配偶者貸付」は配偶者に年収が有ればその3分の1以内なら融資が可能と言うもので、配偶者の同意を得て、配偶者の収入とあわせた3分の1までは融資が可能です。

 

しかし、この制度はあるにはあるのですが、大手消費者金融は、申込者に収入が有る事が条件になっていますので、この制度の利用はほとんど不可能になっています。

 

専業主婦は銀行カードローンで

ノンバンクでのキャッシングは専業主婦にとって厳しいですが、銀行カードローンなら年収による制限はありません。ですから、銀行の審査さえ通れば、無収入であっても融資が受けられます。

 

基本的には、銀行カードローンも本人に収入があることが条件ですが、なかには専業主婦を対象にした銀行カードローンがあります。

 

条件は、配偶者に安定した収入があれば申込が可能で、

たとえばみずほ銀行カードローンは30万円まで、三菱東京UFJ銀行カードローンは30万円まで、イオン銀行カードローンは50万円までなら、専業主婦も申込ができます。

 

ただし、審査は一般ローンと同じで、専業主婦だからといった特別扱いはありませんが、すぐにお金が借りたいと思っている主婦の方には、これらのローンが用意されているので心配ありません。