MENU

日常生活の中で、急な出費があり、どうしても給料日まで待てないという事があります。

 

キャッシングでお金が借りられれば問題ありませんが、「申込をしても審査に通らなかったらどうしよう」というような不安をお持ちの方もおられます。

 

しかし、キャッシングは毎月の給料をもらって普通の生活をしていれば、よほどの事がない限り審査に通らないという事はないので心配いりません。

 

ただ、審査はキャッシング会社それぞれに違いが有るので、どこへ申込むかによって違ってきます。

 

 

一般的に、急ぎで借りたい時は消費者金融なら審査に通る確率は高いです。

理由はどうであれ、大手消費者金融なら安全ですし、すべてが、即日融資に対応していますので、まずは申込をしてみてはどうでしょうか。

 

キャッシングの一般的な申込条件

最低でも満たしていなければならない基準は、

  • 年齢が利用できる年齢であること(満20歳〜65・69歳までの方)
  • 仕事をしていて安定した収入がある。
  • 勤務先が明確であること。

基本条件です。
ただし、銀行カードローンについては、「保証会社の保証が得られる方」と言う条件がつきます。

 

年齢については、基本は20歳以上69歳以下です。
(レイクは満70歳までOKなので、安定した収入が有れば70歳でも申込が出来ます)。

 

収入に関しては、安定した収入であれば、パートやアルバイトの月○万円程度の低めの収入でも問題ありません。ただ、消費者金融の場合、年収の3分の1以内と制限されるので、年収によって融資限度額が変わってきます。

 

 

専業主婦のように収入のない主婦でも、銀行系カードローンなら配偶者に収入があれば、お金が借りられるカードローンもあります。

 

最後に勤務先が明確であることが重要で、審査で在籍確認が行われますので、勤務先もきちんと連絡が取れなければなりませんし、本人が在籍している事の確認が取れなければなりません。

 

 

「お金を借りたいけど審査が不安」という方へのアドバイスですが、とりあえず「収入」、「年齢」、「住所・勤務先の情報」がきちんとしていれば心配いりません。審査が厳しいと言っても、お金を貸すのが仕事なので、担当者問題がなければ、出来るだけ貸し出ししたいという気持ちはあるのでそんなに心配しなくて大丈夫です。

 

審査に通りやすい人、通りにくい人

 

キャッシング会社が望むのは、いかに優良な顧客を増やすかという事で、様々な努力をしています。審査は、まず申込者の属性をコンピューターで点数化し、その合計点で融資が可能か、可能ならいくらまで貸せるかを判断します。

 

それを「与信」といいますが、「与信」は職業や年齢、職業、年収など、申込書に記入した内容と、借入状況や返済実績など、信用情報機関の個人情報を基にして判断しています。

 

たとえばキャッシングの審査でどちらの属性が高いかを考えた時、独身者と既婚者では、当然既婚者ですし、住居形態は借家住まいより持ち家の方が信用度は高くなります。

 

 

「与信」で差がどうして出るかと言えば、キャッシングの審査は年収の他、多くの項目を審査しているからです。そこで、収入や職業形態などの分かり切った要素だけで判断していては、他社との差別化はできません。したがって、顧客のさまざまな要素を考慮して審査する必要があり、それを「与信」と呼びます。

 

ただし、この「与信」もキャッシング会社によって審査内容がそれぞれに違うので、「A社で落とされたけれど、B社へ申込んだら満額融資してもらえた」という事も現実にあります。

 

キャッシングが初めての人が必ず有利とは限らない

キャッシングを始めて申し込んだという人の方がクリアなイメージがありますが、キャッシング業界の評価に限っては必ずしもそうなりません。

 

キャッシングの優良顧客とは、長期間、繰り返し取引をしてくれる顧客の事をいいます。

 

キャッシング会社は、出来るだけそういう利用者を求めています。

 

キャッシングを始めると、信用情報機関の個人情報に利用履歴が作られ、その内容から、取引実績があって、取引期間が長く、なおかつ複数の借入はしていない人が審査で高い評価を得られます。

 

スコアリング対象として「取引実績」「取引期間」「他社の借入を含めた借入残高」「他社借入件数」などからスコアリングします。中でも「借入残高」と「他社借入件数」は連動していて、同じ借入総額でも、借入総額が多くて、借入件数が少ない方が信用力の高い顧客と考えられます。

 

たとえば、1社から100万円の借り入れがある人と、4社から25万ずつの借入れがある人では、前者のほうが圧倒的な高い信用度のある人ということになります。

 

キャッシングが初めてと言う方は、こういった情報が全くないので、貸す側としては、キャッシングが初めてと言う人より、問題がなければ取引実績のある人の方を高く評価します

 

審査を有利に進めるためにしておく事

審査で、どんな属性の人が有利になるかを見てきました。
当然、属性が高い人(スコアリングの点数が高い人)ほど、審査に通りやすくなります。

 

しかし、項目の中には勤務先や健康保険証など、現状では自分でどうする事もできないような属性があります。しかし、よく見てみると、自分でどうにかすることも可能な項目もあり、審査で重要視される多くの項目は「属性スコアリング」ではなくて「信用情報スコアリング」にあります。

 

個人情報に記載されている過去の金融機関との取引実績や、利用状況をきれいにしておくことで、審査を有利に進める事が出来ます。

 

 

そのためには、

  • 適度に借入、返済を繰り返し、実績を積む
  • 返済で遅延や延滞を起こさない(公共料金や携帯の支払いも含む)
  • 借入残高よりも借入件数を少なくする
  • 利用していないカードローンやクレジットカードは解約しておく。

このように、自分で信用力を高めることができるので、キャッシングの審査を通すためにも、信用情報はきれいにしておきましょう。